--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農狂日誌 No.017 「日常報告・プチ牧場開設」

2013/06/10
今更ですがお仲間にCtextとポートレートを導入してみました。
2013y06m02d_002649593.jpg
ゴーグル装着の元気っ子な妖精さん。
2013y06m02d_002709312.jpg
無口でおとなしい少女ちゃん。
2013y06m02d_002928781.jpg
農民妹(天使)。
txtは全てElonaテキスト改造まとめ Wiki*からお借りしました。
ポートレートは…なんというか…自分で描いてみると、ポートレイト素材を配布されてる方たちの凄さがよくわかりますね(疲)。最終的には私の得意技「ドット絵のどアップ」になるでしょう。
口調やキャラ絵があると一気にキャラがいきはじめて楽しいですね。
2013y06m09d_235906171.jpg
エーテル病がだいぶ貯まってきました。

「前回がんばって魅力あげたばっかりなのに…」

「もう天が一生かたつむりらしく地味に生きなさいと言ってるね」

2013y06m10d_0002323755.jpg

「なんだか せなかが とても かるい」

「かたつむりさん、羽はえてる!」

「空飛ぶかたつむりか…空飛ぶG並に恐怖だね…」

「ち、ちがうよ!もっとファンタジー的なかわいい羽だよたぶん!」

背中に羽が生えちゃいました。ただでさえ寂しい装備欄が更に寂しい(泣)。

一応速度上がる系のエーテル病は縛っているのですが、治そうにもエーテル抗体Pが見つからない状態です。まあどちらにしろ速度10固定状態なので関係ないかな。
あとはもうエーテル抗体Pを手に入れるまで厄介なエーテル病に罹らないことを祈るしかない。
え、カジノ?全負けしましたけどなにか!!!
上げても上げても下がる魅力にめげず、増えた仲間枠をさっそく活かします。
2013y05m27d_145350744.jpg
どれを購入する? 牧場の権利書を47359 gpで買う? 牧場の権利書を買った。
前回の所持金ほぼ0状態から依頼をこつこつこなし牧場の権利書を購入
2013y05m27d_165742713.jpg
どれを振る? 支配の杖(残り3回)を振った。 プチが仲間に加わった!
2013y05m27d_165833635.jpg
どれを読む? 本当にこの場所に建設する? あなたは牧場を建設した!
お隣はパルミア大使館。家もそのうちこのあたりに引越する予定です。
さて、牧場も設置出来たし料理依頼で稼ぐぞー! 2013y06m08d_111108640.jpg
ちなみに全財産はこんな状態です(死)
農狂日誌No.017まとめ
  • プチ牧場を開設

「おかねがない…」

農狂日誌 No.018 「雪降る街でまったり読書」

2013/06/11
2013y05m27d_145442791.jpg
錬金術を取得。

雪の降る街、ノイエルへ…
2013y05m27d_151505010.jpg
ノイエルに入った。
522年4月3日にパルミアを発ってから、4日と10時間の旅を終えた。   あなたとその仲間は125マイルの距離を歩き、経験を積んだ。
*保存*

「わ、ゆきだ!」

「うー寒っ、早く酒場か宿屋に入ろうよー」

「……!」

「あ、ほらそこに酒場あるじゃん」

「……。」
「  少女は街なかで雪遊びしている子供たちを羨ましそうに眺めている  」

「!? …、いや、%txtCalm,JPを自分で言っちゃうほど雪が嬉しいのはわかるけど、
先に防寒具とか買ってからじゃないと風邪引いちゃうよ?」

「おーい、かたつむりー。少女ちゃんが外で遊びたいらしいんだけどさー」

「かたつむり…?」

へんじがない。 ただの 食用冷凍エスカルゴ のようだ。

「は、はやくお店に入ってあたためてあげないと!!」


2013y06m08d_103316312.jpg

「かたつむりさんが動きはじめた!」

「…ふ…ふふふ、かたつむりは-120どの冷凍された状態からでも生還できるのだよ!」

「いや、私達がいなかったら今頃ノイエルの土に混ざる小石になってたところだからね」

「さて、と」

かたつむりは錬金術の学習書を開いた。
錬金術の学習を始めた。 *ハタハタ*
「にひひ」
*パタパタ*
あなたは錬金術の向上を感じた。

「えっ、本を読むためだけにノイエルの小石になってまでここに来たの?」

「農民はがくしゅういよくがほうふなのさ」


農狂日誌 No.019 「エイリアンVSかたつむり」

2013/06/20
※今回はとても長いです。

農狂日誌 No.011 「かたつむりに安息の地などない」
この日誌を書いてからどれくらい経ったんだろう。
あれから僕は変化の杖やテレポートの杖を駆使して当たり前にあの街に出入りしていた。
危険な事はわかっていた。でも、同族たちの故郷であるヨウィンはモンスターに占領され、
他の街に行けば清掃員と目が合った瞬間に溶かされてしまう。
僕はあの街に足を踏み入れずに生きることなんて出来なかったんだ。

- その結果 -
2013y05m23d_232847078.jpg 2013y05m23d_232820750.jpg

!?

2013y05m18d_105108546.jpg 2013y05m18d_105130968.jpg

!!?

ヴェルニースの住人の子供(妹)が誕生していました。

- そして -
2013y06m08d_112709203.jpg 2013y06m08d_112507937.jpg
少女のソフォースはエイリアンの子供に引っ掻かれた。 少女のソフォース悲痛な叫び声をあげた。
エイリアンとガードが戦う→ガード寄生される→ガード死ぬ→ガード強くなる、を繰り返し続け…
1発でHPを半分近く持っていかれ、変化の杖も抵抗する超強力なエイリアンが誕生していました。

なんだかんだで以前はエイリアンがいても依頼を受けれる程度には安全な街だったのです、が
今では、街に入り一歩でも踏み出せば住人の悲鳴が聞こえ破壊音が鳴り響くき、エイリアンと対峙しようものならものの数ターンで殺される状態に。

「あちゃーこりゃヴェルニースも封鎖かなぁ。」

「この街に入れなくなるとすごくこまるんだけど、なにかいい方法はないかな?」

「うーん…、核爆弾落とすとか?」

「か、かくばくだん!?」

「そうそう、パーッとこの街を更地にしてさ、ちょうどそういうの売ってる人知ってるよ。」

「いやいや、かくばくだんなんか落としたら」

「ティリスの住人なんてどうせ3日で生き返るんだし」

住人のこどもの妹ちゃんたちはどうなっちゃうんだよ!

「えっ」

「ハッ、そうだ、それはエイリアンをほうちしててもかわらない!
このままじゃいもうとちゃんたちが…!」

「いや、その妹どもがそもそもエイリアンの」

たたかう、しかない…!

「…。」

こうしてヴェルニース奪還作戦を開始することになった…。

農狂日誌 No.020 「聖夜祭へ行こう!」

2013/06/22
― 時は12月 ―
2013y06m18d_160856062.jpg

「そうだ、ノイエルへいこう」

「え、いきなり何さ。また読書でもしにいくの?」

「ふふ…まあついてきなさいって」

― ノイエル ―
2013y06m18d_160949296.jpg

「!!」

「おーキレー!」

「これは聖夜祭っていって、年のおわりをみんなでいわうんだって!」

「聖夜祭って…あぁ、あのジュア様のアレか…(汗)」

「…。かたつむりさん…」

「まえきたときは遊べなかったから今日はいっぱいあそぼうね」

「…!、~♪」

というわけでノイエルの聖夜祭です。いつも気づいたら12月が過ぎていてなかなか来れない…。 2013y06m18d_161022125.jpg

「なんかへんなのがいる」

「これはせいじゅうだね。かまれるといいらしいよ!」

聖獣(獅子舞)。クリスマスに鏡餅だったり、ティリスの文化はカオスです。
2013y06m18d_161307750.jpg

「わージュアさまだー」

「やさしいそうなひとだね」

「うーん、なんか色々とあざとい人だなーとは思うよ。」

「ま、どんな神さまもクミロミさまのかわいさにはかてないよね!」

2013y06m18d_161110015.jpg

「!?、ひとが!つるされている!」

「これは…ジュア信者の仕業だね…。」

「えっ、ジュアさまの信者ってこんなことしてるの?」

「異教徒を徹底的に潰す狂信者ってやつだよ。こうはなりたくないねぇ。」

「何をするんだよ!」「さあ、あなたもジュア教に改宗しなさい」   「異教徒に死を!ジュアの名を汚すものに裁きの鉄槌を!」   「ジュア様に栄光あれ!ジュア様に勝利を!」   「さあ、あなたもジュア教に改宗しなさい」

「((((;゚Д゚))))」

「こ、こうはなりたくないね…」

「こわい…」

被害にあったマニ教徒さんはこのあと丁寧に縄をほどいて開放してあげました。
2013y06m18d_161420156.jpg

「やたいがあるよ!」

「出来れば暑い夏に見かけたいタイプの屋台だね…」

2013y06m18d_161413437.jpg

「あ、売ってるものは普通にクリスマスアイテムなんだ」

「このミニツリーかわいい」

「う、うーんかいたいけどおかねが…。…、1つだけかってあげるね!」

「かたつむりさんありがとーヘヘ//」

「こりゃ今月の税金払えないかもなぁ…」

2013y06m18d_161233656.jpg

!!?

「ねね、あのおねえさんたち何してるのかな?」

「え、えーっと…く、クリスマスプレゼントあげてる…んだよ…」

「聖夜祭ならぬ性夜祭だね、まだ昼間だけど。」


2013y06m18d_161753593.jpg

「~~♪」

「ちょっと、もう外真っ暗だよー?」

「そうだね、そろそろやどにもどろっか」

2013y06m18d_161917875.jpg

!!!??

「この街の娼婦は自分の限界に挑んでるね…」

2013y06m18d_161939750.jpg

!!!!???

2013y06m18d_163920421.jpg

う、うわぁあわせdrftgyふじこlp;「’」アッー!!!!!
「じゅ、じゅうはっきん!!このまちじゅうはっきんっ!!!!」

どうやらノイエルの聖夜祭は子供が夢を見てキャキャウフフできるような街ではなかったようです。
むしろ色んな意味で子供が大人の階段を一歩登ってしまいそうです。怖いです。

「はぁー、R18の人たちから逃げてたらすっかり朝になっちゃったね(汗)」

「さて、と」

「ん?どこいくの?かたつむり」

2013y06m18d_164119515.jpg

「わ、くまさんだ、かわいい」

2013y06m18d_162342734.jpg

「うわ、こんな格好して宗教勧誘か…ジュア教ってほんとこんなんばっか…」
「まあそんなことしても、うちの、大人の女性に興味の無いかたつむりには関係ないけどね。」

「…。」

「ん…、かた…つむり…?」

「……。」

2013y06m18d_164747312.jpg
何かが足元に転がってきた。  あなたは今や癒しのジュアの信者だ!  「べ、別にアンタの活躍なんて期待してないんだからねっ」

!!!??

「ようせいさん、ぼく、つよくなって冒険者になるよ」

!?、はいっ!?

「だからすこし、クミロミさまとはさようならする。」

「えっ?全然コトが繋がってないし話が見えないんだけど!?」

「さようなら、クミロミさま。」

「えっ、えぇ~???」


農狂日誌 No.020まとめ
  • ジュア信者になりました。

「とぅーびーこんてぃにゅーど!」

農狂日誌 No.021 「成長報告・防衛者仲間になる」

2013/06/24
2013y06m18d_153831859.jpg
どれを飲む? あなたは井戸の水をすくって飲んだ。  何を望む?「幸せのベッド!!」   足元に幸せのベッドが転がってきた。  井戸は干上がった。
安全になったヴェルニースで井戸をがぶ飲みし、再び幸せのベッドをGET。
これでパルミア王の寝室で申し訳ない気持ちいっぱいで寝る必要がなくなりました。

「さて、久々にロイターいもうとちゃんにあいにいこう」

「おーいいもうとちゃーん!」

2013y06m23d_221609656.jpg
「お兄ちゃ~ん」 「くやしい、でも…」
市民のゼルゾフは気が狂った。  市民のゼルゾフは我慢することの快感を知った。    市民のゼルゾフの意思は固くなった。 市民のゼルゾフは周囲の視線を心地よく感じる。

い、いもうと…ちゃ…ん…?

「ノイエルに行ってる間に新しいお兄ちゃんを見つけたようだね。」

「…い、いも…うと…ちゃ…ん…」

ヴェルニースの住人の子供(妹)たちも、お兄ちゃんを見つけては襲ったりして元気にやってるようです。
かたつむり Lv.16 農狂日誌 No.012 「成長記録」時点のステータス
2013y04m20d_185725953.jpg
現在 かたつむり Lv.20 時点のステータス 2013y06m18d_191147687.jpg
レベルが20になりました、といってもだいぶ前でこれはレベル21間近のステータスです。
習得が突き抜けて成長していますね…おかげでBPが60ほど余ってます。(゚A゚;)
自分で上げた魅力を覗いて他はだいたい平均的かな?

スキルは高い順からこんな感じ
栽培Lv.117(+37) 料理Lv.70(+34) 交渉Lv.66(+31)
治癒Lv.64(+14) 信仰Lv.41(+20)
信仰はノイエルに行った時にさらに読書して上げました。
これらに続いて重量挙げ、錬金術、隠密、瞑想がLv.30間近といったところ。

信仰以外はオバホの種族・職業の成長補正がかかっています。
栽培は成長率40%維持、料理に至っては放置で成長率7%なのにこの伸びっぷり。
恐るべき成長補正…!


パルミアでクミ様の祭壇を乗っ取り、ジュア様に宝石を捧げます。
2013y06m18d_171254875.jpg
あなたの神に祈りを乞う? 癒しのジュアに祈った。  あなたは黄金の輝きに包まれた。  あなたは聖なる衣に保護された。  「ア、アンタのためにしてあげるんじゃないんだからっ」      この防衛者は致死ダメージを受けた仲間をレイハンドで回復できるようだ。 レイハンドは眠るたびに再度使用可能になる。
防衛者のレオノアが仲間に加わった!

「ぼうえいしゃくんが仲間になったぞー!」

実のことを言うと防衛者のために改宗したといっても過言じゃなかったりします。

NPCの思考ルーチンを改善しました。

回復手段を持つ場合

瀕死の味方がいる場合、攻撃を中断して回復しに行きます。 作戦で「早めに回復」が指示されている場合、HPが半分以下になった時点で回復に向かいます。 所属(Factions)の機能を利用して実装されています

治癒の雨 / ジュアの癒し

瀕死の味方の数が2体以上の場合、優先的に使用します。
なんといってもこれ!omake_overhaulでは仲間が回復手段を持つ場合、仲間のHPが減った際に回復してくれるんです!ヴァニラでは頼れない防衛者の治癒の雨も、ちゃんと必要なときにかけてくれます。レイハンドと合わせて完全な回復キャラとして活躍出来るわけです。
オバホにしてからずっとこのHPが減ったら回復をしてくれる仲間ってのを実際に使ってみたかった!
2013/06/26 追記
防衛者の治癒の雨は瀕死行動なので自身の瀕死時のみ使用します。か、勘違いしていました…。 2013y06m23d_221625296.png
防衛者の歩行グラも作りました。少女ちゃんと同じようにFSM様の素材を再度丁寧に伸ばして作るには無理があったのでプレイヤーのPCCを参考にポチポチ打ってみました。 剣と盾は後で描こうとしてそのまま忘れて消失。
マントはメペロペロ氏のものを改変して使用しております。
2013y06m23d_215630218.jpg
ゲーム内で見るとなんか浮いてる気がする…PCCじゃなくてキャラチップを基準にして描けば良かったと後悔。 うーん、歩行グラ作ってる人達ってすごいんだなぁ…。

「で、結局なんでジュア様に改宗したの?ああいうのが好み?」

「あのキャンペーンで改宗すればクミさまにバレずに改宗できるからジュアさまにしただけだよ。いろんなかみさま信仰して、つよくなってクミさまのところにもどるんだ。」

「し、信仰のご褒美目的か…(汗)」

「ぼくはクミさまのためならしゅだんをえらばないよ!」

「なんでそれがクミロミ様のためになるのさ?」

「うーんとね、このままのうみんとしてクミさまにいっぱい捧げ物おくるのもいいかと思ったんだけど、それじゃあいつまでたってもクミさまに実際にあってぺろぺろすることはできないんじゃないかっておもった。」

「なのでつよくなってちょくせつ会ってぺろぺろします!」

「クミロミ様のためっていうかあんたのクミロミ様に対する欲望だけじゃん!
それに強くなったからってクミロミ様に会えるってわけでもないけど…まぁ向上心はいいんじゃないかな。」

というわけで今回から、今までの依頼と農作のみのまったり農民プレイから、
バリバリネフィアに潜ってペットを育成して強化するプレイに方向転換します。

というかやっと外に出れる準備が出来たといったところかな…?
メインクエストクリアに向けてのペット育成と装備収集、魔法の取得
サブクエストもばんばん進めていこうと思います。


農狂日誌 No.021まとめ
  • 再び幸せのベットを入手。
  • 防衛者が仲間になる。

「クミさまー!必ずつよくなってぺろぺろしにいくからまっててね!」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。